上村グループのロゴ

UEMURA ADVANCED TECHNOLOGY上村アドバンスド・テクノロジー株式会社

高度な技術集団を目指し、未来革新への挑戦。

上村航機株式会社の品質マネジメントシステムを継承し新たな技術革新を目指し、株式会社日本政策投資銀行様の資本参加を受け2017年12月に上村アドバンスド・テクノロジー株式会社(略称:UAT)を設立。

航空エンジンの中圧圧縮機大型部品、及び大型産業用ガスタービンのタービンディスクの製造を行っております。

航空エンジンにつきましては、ロールスロイス社製ジェットエンジンBoeing787に搭載の「TRENT1000-ten」、Airbus A330neoに搭載の「TRENT7000」、Airbus A350XWBに搭載の「TRENT XWB」の部品を量産加工しております。

いずれも耐久・耐熱性に優れた材質が使用されており、難削材を主に加工しております。

寸法要求はもちろんのこと、品質を保証・維持する為のシステムにおいても厳しい要求があります。

上村アドバンスド・テクノロジーは、航空エンジン部品の中でもっとも重要な回転部品の仕上加工も受注。

クリティカル・パーツに分類される製品の仕上加工においては更に多くの品質要求があり、細部に渡り品質保証の維持・管理が求められます。

これまで培ってきた加工技術から、より高度な技術への挑戦。

品質マネジメントシステム体制を日々強固とすることで常にお客様にご満足いただける製品をご提供致します。

Menuメニュー

ページトップへ