上村航機株式会社のロゴ

Factory Introduction工場・設備紹介

加古川工場

加古川工場では、品質マネジメントシステムに注力し、常にお客様にご満足いただける製品を提供します。当工場では主に航空民需、航空&舶用防需、産業ガスタービンの部品製造をしています。

航空機部品は、燃費の向上や、重量軽減等、厳しい要求が問われます。さらに、高機能・低コスト化を実現するためには、より正確に効率的に加工する技術が重要です。いま取り組んでいる航空機のエンジンケースはエンジン燃焼時に達する高温化でも使える難削材の耐熱鋼を最新の5軸加工のマシニングセンターによる高精度高精密加工で仕上げています。

具体的には、様々な特性部品毎にセル化を構築し、精密加工技術を磨き、種々の分野において、貢献できる部品製造加工メーカーを目指しています。お客様と社会のために、より高度な技術への挑戦を続けてまいります。現在、ボーイング787に搭載のロールス・ロイス社製ジエットエンジンTRENT1000やエアバス社製A350 に搭載のロールス・ロイス社製ジェットエンジンTRENT XWBの部品を受注。また、高精度高精密加工が認められA320neoに搭載のプラット&ホイットニー社製ジェットエンジンPW1100G-JMで初の重要回転体部品を受注しました。

二見第一工場

二見第一工場では、川崎重工業株式会社製産業用ガスタービンエンジンの一貫生産を行っています。

材料調達から部品加工・エンジン組立・運転・出荷に至る全工程を統括管理する、一貫生産体制を駆使して、顧客の要求に対して、低コスト・高品質の維持を図るとともに納期の確保に努めています。

当工場で生産している産業用ガスタービンエンジンには、出力150~2400KWクラスのS1型、S2型、M1型があります。

いずれも非常用発電装置の駆動用エンジンであり、国内の病院・工場・オフィスビルなど、種々の分野において活躍しています。

これからも、高品質・信頼性の高い産業用ガスタービンエンジンメーカーとして、顧客満足に応えるため技術の向上にチャレンジし続けます。

二見第二工場

二見第二工場は、産業用ガスタービンのインペラー部品を製造するインペラーセルと、多品種少量生産の各種ガスタービンエンジン部品・航空機エンジン部品を製造する混合セルから構成されております。

鍛え抜かれた作業員=職人たちは様々な加工分野で優れた技能・技術力を発揮し、軽量精密部品から重量級の部品加工に至るまで、新たな分野に於いて、いかなる過酷な要求にも自信と確信をもって臨むことができます。

顧客ニーズが厳しければ厳しいほど、より高いレベルで応えることが、私たちのミッションです。
これからも、ものづくり力を主体とした生産工場をめざし、新規産業ガスタービン製造分野及び航空機エンジン部品の製造分野へと積極的に取組み、高品質な製品をお客様へ納入することをモットーに、ハイレベルな部品加工メーカーを目指していきます。

インペラーセルでは、川崎重工業製の0.15Mw~2.6Mw級のガスタービンエンジンの主要部であるインペラーの旋削・翼の転削加工及びタービンディスク 等のカービックカップリング加工の専用設備を用いて生産しております。

混合セルでは、NC旋盤9台、ターニング1台、3・4・5軸マシニング5台、円筒内外径及びロータリー研削機3台、 複合旋盤2台等多様な設備で、航空・船舶・常用・非常用発電機まで多品種の生産に対応しています。

主要設備

一覧表ダウンロード

ページトップへ