上村グループのロゴ

Group Outlineグループ概要

上村グループは、以下の3社で構成しております。

■上村航機株式会社

 1960年創業の上村製作所のガスタービン製造部門が独立して1987年に設立。


■ウエムラ技研株式会社

 航空・舶用及び産業用ガスタービン用燃料ノズル並びに補機の設計・製造会社として2005年に設立。


■上村アドバンスド・テクノロジー株式会社(略称:UAT)

 2012年上村航機の新しい生産拠点として誕生した西神戸工場を、2018年に会社分割し、株式会社日本政策投資銀行様と共同出資で設立。


上村グループは、1990年に5カ国共同開発のV2500ターボファンエンジンの部品加工を開始して以来、ロールスロイス社、プラット・アンド・ホイットニー社及びハニウエル社のガスタービンエンジン部品加工などを行い、近年では航空用ジェットエンジン、TRENT1000、TRENT7000、TRENT XWB、PW1100G-JM の部品を中心とした加工を、川崎重工業からの受注により開始いたしました。又、川崎重工業が製造する産業ガスタービンのインペラー、タービンブレード、タービンノズル等の部品加工や組立・領収試験を行うなど、最新の設備と高度な技術で、製造の幅を広げてまいりました。上村グループは、陸・海・空用ガスタービンエンジン部品のサプライヤーとして、これからも時代の変化に柔軟に対応し、成長するための確固たる生産基盤を構築して、高品質の製品をご提供できるよう、努めてまいります。

Licence国家検定免許取得者

Historyグループ沿革

ページトップへ